養父 〒667-0125 兵庫県養父市大塚324 TEL:079-662-2072 FAX:079-662-2092
本社 〒679-3441 兵庫県朝来市羽渕773-6

インタビュー記事(スタッフ紹介ページ)

2017.04.04

羽渕 樹弥

インタビュータイトル

羽渕  樹弥メインイメージ

主に、電柱工事の工程を段取りする立場です。
朝出社して、朝礼でその日の仕事を共有します。それから、皆さんに持ち場に向かって頂きます。
その他にも、お客様と工事のスケジュールや施工の内容を打合せも行います。
建設関係は、こちらが2社目でした。
1年半~2年ぐらいの経験がありましたが、仕事をしていく中で何か違和感のようなものを感じていました。

羽渕さんイメージ1

相談をしても、その違和感は解決しなくてどこか別の職場と考えていた時に平山建設の面接を受けることに。
面接は、平山社長がしてくださいました。
社長は、一見「こわおもて」なので最初は怖いな・・と言う印象がありました。
でも、面接が終わるころには、
「本当にそこまでして頂けるんかな?そこまで自分を信頼してもらってほんとにいいんですか?社長」
と言いたいぐらい、逆に社長のことが心配に(笑)

「自分の将来像が想像しづらかった」
そんな私の違和感を真摯にうけとめてくれた。

面接時に、給与面とか待遇面などの説明から会社の考え方まで教えて下さって
宗教か何かの勧誘ではないですが、社長のまっすぐな姿勢にとても惹かれるものがあり
そのときは管理や経営の事も全くわからなかったんですが、この人について行ったら間違いないんじゃないかな。と感じました。
羽渕さんイメージ2
羽渕さんイメージ3
羽渕さんイメージ4
羽渕さんイメージ5
その自分の感覚を信じて入社してから、今まで自分が持っていた仕事に対する思いはガラッとかわりました。
生活するために、お金をかせぐために働くのが普通だったのが
ものづくりをする者として、お客さんの為に品質を高めてもっともっといい形で喜んでもらいたい。
と言う想いがすごく強くなりました。
もともと勉強が大っ嫌いで、今になってから勉強しておけばよかったなと本を読んだりして、仕事しながら勉強している状態で・・・今からでも大学に行きたいです。
※平山社長は社長になってから大学院に進まれ、経営学の修士課程を修了

将来像(自分の人生設計)が描きやすくなったのが
自分の中では一番変わったこと。

羽渕さんイメージ6
従業員を第一にする経営理念が特徴で、その理念があるから従業員がモチベーションをもって挑戦したり、向上心がうまれる職場になっていると思います。
あとは、周りの方の人柄の良さですね。
話しかけやすい雰囲気で、えらそうにする人がいない。上司部下と言うよりは、仲間として接してくれます。
あたらしく入った人も、そういった意味では勉強しやすいと思います。
仕事以外のイベントも時々ありますが、飲み会はもっとしたい。社長からもっと誘われたいです。(笑)

私にとって平山建設は「人生を大きく変えた存在」

採用のホームページでこういうことを言うとうさん臭くなるけど、本当のことです。
将来は平山建設の社長になりたい。そう思える会社です。
経営の勉強も始めました。社長の影響がとても大きいです。
わからない事だらけですが、今、出来る事からやっています。
羽渕さんイメージ7

これから、後輩になるかもしれない方へ

私は、結構失敗をします。
だけど「失敗しないと学べない」と言ってくれる社風で、チャレンジしやすい職場です。
経験のない方でも全然大丈夫です。
失敗してもいい環境というところで、不安を解消をできると思います。
思い切ってチャレンジしてください!
2017.04.04

西澤 大樹

インタビュータイトル

西澤さんイメージ1

現場での施工をメインにやっています。
例えば、電柱が立てられるように破砕をした後、電柱を立ててから元通りに復旧します。
※構造物を取り壊すことを破砕といいます。
重機の操作に必要な3t以上も乗れる資格もとって、最近は積極的に乗らせて貰っています。

西澤さんイメージ2
はじめは、社長に免許をとってこいと言われて教習に行きました。
ありがたいことに教習期間も出勤扱いで教習の費用も出してくれて、いたれりつくせりです。
本当にいいんですか?と、こっちが遠慮してしまう感じです。
従業員の皆さんその気持ちが大きいと思います。

自分を必要としてくれていると感じることが出来た

入社する前は、18歳までアルバイトで飲食業にいました。
車の免許をとった時期に、母から「私の同級生の社長が気にしてくれてるから、一回行ってみれへんか?」と言われたのがきっかけでした。
最初は建設・土木が未経験なので、どんな仕事なのかも全然わからずとても不安で・・・
新しい事に挑戦すると言う期待と、アルバイトのままでは保険の関係や将来のことが見えないという不安が入り混じった状態でした。
西澤さんイメージ3
第一印象は、怖かったです。
先輩も、怖い方ではないかなと不安でした。
でも、皆さん話すと優しいです。(笑)
なにより、社長が自分を必要としてくれていると感じることが出来たのと、熱い気持ちがダイレクトに伝わってきて、この会社に入ろうかなと決心できました。

ひとつひとつ教えてもらう「ものづくり」の楽しさ

西澤さんイメージ4
土木関係は知識もなにもない状態で入社して、右も左もわかりませんでした。
道具の名前も知らなくて、先輩にひとつひとつ教えてもらいました。
この仕事をしてみて、自分が変わったというところは
ものづくりの楽しさが分かったのと
どう思われるかなと警戒することなく、質問ができるようになった。ということです。
今までは内向的で、他の方と積極的に話をすると言う事が少なかったんです。
質問も内に秘めてしまって、なかなか聞けなかったのが「わからないことは聞く」ということができるようになりました。
以前は、先輩のたつやさん(羽渕さん)がしていた朝礼の司会を、今は引き継いで僕がさせて頂いています。
まだ、毎日緊張します。
だけど半年経ってその苦手を克服しつつあって、機会を頂けたことに感謝をしています。
西澤さんイメージ5
西澤さんイメージ6

私にとって平山建設は「学んで経験する」が出来る場所

平山建設の特徴は「とにかく明るい職場」です。
上司という感じではなく仲間(先輩)という感じで皆さん接してくれます。仕事も楽しいです。
何も経験がない真っ白の状態で入って、一から教えてもらって、自分でしてみて、出来たときは本当に嬉しい。
そこは、すごく自分の変化ですね。
人前で話すのも、とても苦手だったのが軽減されました。
僕にとっての平山建設とは、毎日毎日が自分の知らないことだらけで、それを「学んで経験する」が、沢山出来る場所です。
そして、技術をどんどん向上させて「現場を任される人財になりたい!」というのが今の夢です。
nishizawa_26
nishizawa_31
nishizawa_29

建設土木が未経験の方へ

世間一般で描いているようなイメージ(いわゆる3K)と全然違うと言うことを伝えたいです。
自分が入ってみて、今もそう思っています。
ビックリするくらい、いい意味でイメージを裏切ります。
最後まで、読んで頂いてありがとうございました。
2018.05.31

山本直哉

インタビュータイトル

山本さんメインイメージ

現場の施工業務、施工管理を担当しています。
1994年。当時18歳で建設業界に入ってから、様々な業務で経験を積んできました。
主には、治山・河川砂防・道路改良や拡幅などです。
平山建設でも、同様の業務と通信土木に関わらせて頂いています。
得意分野は、道路もありますが、河川維持修繕などは特に経験を沢山させて頂いています。

山本さんイメージ2
印象に残っている現場は、ある急傾斜地の崩壊対策工事で、異常気象によるゲリラ豪雨が発生した時のことです。
夜だったのですが、現場近くの民家がすぐ頭に浮かんで・・・
家の方に水が流れていくのを防ぐため、ポンプで水を汲みだしたり、そのお宅に被害が及ばないように懸命に対処しました。
住民の方にも安心して頂いている状態で工事が完了し、最後に、直接お会いした時、とても喜んで頂けたのを覚えています。
ほっとしたのと同時に、やりがいを感じた瞬間でした。

平山建設の従業員心得
礼節、教育、心技体、地域

山本さんイメージ3
平山建設の従業員心得にもあることが、自分の中に落ちています。
私にとって仕事とは、自分自身を日々成長させることであり、最終的にはお客様に満足していただくのが目標です。そして、社長や従業員と共に会社を成長させ、お客様に満足して頂く事をこれからもずっと続けていきたいと考えています。
だからこそ、細部に渉って丁寧に、お客様のご要望にお答え出来る事を喜びとして仕事をしています。
必ず、ご要望にお応えいたします。
2018.05.30

小谷直美

インタビュータイトル

小谷さんメインイメージ

積算業務や業務関係の手続きなどを行っています。
以前から、一つの職種でキャリアを積んでいきたいという想いがあって、先輩社員から教わって一連の流れ
を一通り経験させて頂いているところです。

小谷直美さん イメージ2
はじめて、公共工事に従事させて頂いた時には
自分が積算に関わった業務が、一連の流れで完了した際
に、それまではあまり感じたことのない達成感を得る事
が出来ました。
業務に関わる事務はもちろん、現場に出て柵を運んだり
モルタルで穴を埋めるなど、やったことがない事も経験
させて貰えて、私は1日~2日のことでしたが、工事部
の皆さんの日々の努力がわかりました。

一生勉強し続ける。人間には必要なこと。

男性ばかりの職場で最初は少し心配でしたが、皆さんが気さくで気を遣わなくても良い方ばかりなので、とても働きやすいです。また、今まで私自身、あまり勉強をするといった習慣がなかったものが、この職場ではすごく勉強する機会があります。
例えば、朝礼。音読の時間があります。「一生勉強し続ける。人間には必要なこと。」そういったことも、この、朝の音読で学びました。
小谷さんイメージ2
平山建設に入るまでは、仕事をしながら学ぶという意識が
なかったので、すごく感謝をしています。
社員教育に積極的な会社で、私も会社から講習に通って
います。今は、土木に関する資格取得に向けて一歩一歩
ですが勉強中なんです。
私自身、これからだと思っていて、分からないことがあ
れば私に聞いてください!そう言える自分を目指してい
ます。

従業員皆さんの姿勢が良い成果品に繋がっています。

小谷直美さん イメージ3
平山建設の先輩社員は、皆さんほんとにまじめで現場
に一緒に行かせて頂くとすごく良く分かります。
立場問わず、役割にこだわらず、とても段取り良くテ
キパキ動いているんです。
こんな仕事に対する姿勢が、きっちりとした成果品に
も繋がっているんだなと感じます。
公共工事も安心してお任せいただければと思いますの
で、そういった機会を与えて頂きたくお願いいたしま
す。