養父 〒667-0125 兵庫県養父市大塚324 TEL:079-662-2072 FAX:079-662-2092
本社 〒679-3441 兵庫県朝来市羽渕773-6
インタビュータイトル

西澤さんイメージ1

現場での施工をメインにやっています。
例えば、電柱が立てられるように破砕をした後、電柱を立ててから元通りに復旧します。
※構造物を取り壊すことを破砕といいます。
重機の操作に必要な3t以上も乗れる資格もとって、最近は積極的に乗らせて貰っています。

西澤さんイメージ2
はじめは、社長に免許をとってこいと言われて教習に行きました。
ありがたいことに教習期間も出勤扱いで教習の費用も出してくれて、いたれりつくせりです。
本当にいいんですか?と、こっちが遠慮してしまう感じです。
従業員の皆さんその気持ちが大きいと思います。

自分を必要としてくれていると感じることが出来た

入社する前は、18歳までアルバイトで飲食業にいました。
車の免許をとった時期に、母から「私の同級生の社長が気にしてくれてるから、一回行ってみれへんか?」と言われたのがきっかけでした。
最初は建設・土木が未経験なので、どんな仕事なのかも全然わからずとても不安で・・・
新しい事に挑戦すると言う期待と、アルバイトのままでは保険の関係や将来のことが見えないという不安が入り混じった状態でした。
西澤さんイメージ3
第一印象は、怖かったです。
先輩も、怖い方ではないかなと不安でした。
でも、皆さん話すと優しいです。(笑)
なにより、社長が自分を必要としてくれていると感じることが出来たのと、熱い気持ちがダイレクトに伝わってきて、この会社に入ろうかなと決心できました。

ひとつひとつ教えてもらう「ものづくり」の楽しさ

西澤さんイメージ4
土木関係は知識もなにもない状態で入社して、右も左もわかりませんでした。
道具の名前も知らなくて、先輩にひとつひとつ教えてもらいました。
この仕事をしてみて、自分が変わったというところは
ものづくりの楽しさが分かったのと
どう思われるかなと警戒することなく、質問ができるようになった。ということです。
今までは内向的で、他の方と積極的に話をすると言う事が少なかったんです。
質問も内に秘めてしまって、なかなか聞けなかったのが「わからないことは聞く」ということができるようになりました。
以前は、先輩のたつやさん(羽渕さん)がしていた朝礼の司会を、今は引き継いで僕がさせて頂いています。
まだ、毎日緊張します。
だけど半年経ってその苦手を克服しつつあって、機会を頂けたことに感謝をしています。
西澤さんイメージ5
西澤さんイメージ6

私にとって平山建設は「学んで経験する」が出来る場所

平山建設の特徴は「とにかく明るい職場」です。
上司という感じではなく仲間(先輩)という感じで皆さん接してくれます。仕事も楽しいです。
何も経験がない真っ白の状態で入って、一から教えてもらって、自分でしてみて、出来たときは本当に嬉しい。
そこは、すごく自分の変化ですね。
人前で話すのも、とても苦手だったのが軽減されました。
僕にとっての平山建設とは、毎日毎日が自分の知らないことだらけで、それを「学んで経験する」が、沢山出来る場所です。
そして、技術をどんどん向上させて「現場を任される人財になりたい!」というのが今の夢です。
nishizawa_26
nishizawa_31
nishizawa_29

建設土木が未経験の方へ

世間一般で描いているようなイメージ(いわゆる3K)と全然違うと言うことを伝えたいです。
自分が入ってみて、今もそう思っています。
ビックリするくらい、いい意味でイメージを裏切ります。
最後まで、読んで頂いてありがとうございました。